反町ブログ -Tammachi Blog-

183/189系とか。大糸線とか。篠ノ井線とか。


21
Category: 大糸線   Tags: 183/189系  

大糸線スキー臨2013"M52" #1

大糸線スキー臨2013
2013年も神奈川から白馬へのスキー団臨が運転された。車両は183系列。M52編成の充当。

松本からの出区でクモヤ143と並ぶ。

2009年の様子
2010年の様子
2011年の様子
2012年の様子



 

Comments

Edit俯瞰写真
いつもブログを見させてもらっています。反町さんの写真はとても美しく、私の憧れの存在で、反町さんのような写真を撮ってみたいと思っています。

そこで質問なのですが、タイトルにもありますように前々から俯瞰写真をどのように撮られているのか気になっていました。現地に行っても、どこから撮られているのか全くわかりませんでした。

ご多忙と思いますが、反町さんがどのように俯瞰撮影地を見つけているのかなど、教えていただけたら嬉しいです。

長文、失礼しました。
Edit俯瞰撮影
あんでぃさん
いつも見ていただいてありがとうございます。
俯瞰撮影の場所を見つける方法ですが、

1.公にされている場所
誌面やネットでの撮影地ガイドに載っている場所。直近だと、富士急(上大月~田野倉)は、『鉄道俯瞰撮影ファーストガイド―首都圏&周辺エリアの絶景ハイキングコース』にも載っている場所ですね。

2.地図から見つける場所(山野)
1/25000地形図からは林道、送電線、崖、比高などなど読み取れるので、目星を着けて向かいます。向かったのに撮れないことも多々あります。

3.地上から見つける場所(山野)
線路や並行道路から、山を見上げて木が生えていなく、山肌が見える場所はその山肌から地上も見えるはずです。目星を着けて向かいます。同様に撮れないことも多々あります。

4.構造物からの俯瞰
一般に立ち入れる商業施設の他にオフィスビル、マンションでも交渉をして立ち入り撮影することもあります。晴海の日本ユニシス本社から東京都港湾局の廃線を俯瞰させてもらったこともあります。

こんなところですかね。
Editありがとうございます。
詳しくわかりやすい説明、本当にありがとうございます。

そのような苦労があって、素晴らしい写真が撮れるのですね…
反町さんの教えを参考に、私も俯瞰できる場所を探してみたいと思います。

ありがとうございました。

Leave a Comment








11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom